初心者投資家が注意すべき点|投資をする上での心得

  1. ホーム
  2. 海外FXで必要な口座開設

海外FXで必要な口座開設

男女

初めて海外FXへ投資をするという場合はまず、口座開設の準備が必要です。口座開設をするためには本人であることを証明する運転免許証のコピーや住所を証明する住民票が必要になってくることがあります。必要書類は口座開設をする会社によって異なってくるので、詳しい内容は各社のホームページなどから確認するようにしましょう。また口座開設を始める前に注意しなければならない点として、海外FXでの開設というところです。日本企業でもないとなると、当然表記が全て英語などの各国の言語であることが想定されます。もし、その言語が分からずに口座開設を始めると、いざ始めるとなった場合に説明を聞くどころか質問すらできない可能性だってあるのです。最近では、海外FXを利用する日本人の投資家たちも増えてきたこともあり、日本語対応している会社も増えつつありますが、もちろん全ての会社がそうというわけではありません。海外FXで開設前には、利用する上で言語の点でも問題がないかどうかというところにも注意して行いましょう。

現在日本のFX企業は投資家たちをリスクから守る意味でレバレッジに制限が設けられており、その倍率は最大でも25倍と低めに設定されています。それに対して海外FXはレバレッジにおいて制限がないため数百倍などの倍率であることがほとんどです。逆に言えば、それだけのリスクを背負うことも理解しなければなりません。そのリスクが理由として投資家の人数が少なくては運営費が回らないので、少しでも多くの投資家たちに集まってもらえるようゼロカットシステムを導入しているところがあります。ゼロカットシステムとはレバレッジの倍率によって負債を抱えた場合に、持ち額が0を下回る分は全て会社側で負担してマイナス分をなくしてくれるという仕組みです。しかし、そういった制度があっても自分の資金をコントロールできなければ結局リスクを背負うことになってしまうので、のめり込み過ぎないよう行うことが安全に利益を得る方法です。